スイングマジックでスイングの練習

プロゴルファーの飛距離は目を見張る物があります。

テレビのゴルフ中継を見ていると、軽く打っているように見えますが、
軽く270ヤードを超えるドライバーショットを放っているのです。
プロの人たちは、小さい頃から英才教育を受けているので、
毎日のように練習場で何百球というボールを打ってきた
すさまじい実績という裏付けがあります。

だからプロの人たちは、小さい頃からの莫大な練習量で
飛距離を出す力を自然と身につけています。
当然ながら筋力トレーニングや練習量も飛距離を出すことにとって
有利には間違いありません。スイング中のインパクトの瞬間は、
ものすごい衝撃がかかります。
あなたの胴体の太さは腕の何倍??
そして太もも周りは何センチ??
その力は、腕力を遥かに超えていることは明白ですよね。

その力をゴルフボールに伝えるためには、加速している状態でないと、
スイングの前半部分で力を使ってしまうことになり、
一番大事なインパクトの瞬間に大きな力を伝えることができないのです。
一般のアマチュアゴルファーのおよそ90%の方は、
ダウンスイングに入った瞬間からどうしても「力んだ」スイングになっています。

私達が、いつもの練習をしている限り、
それを習得することはほぼ不可能なことなのです。
プロが長い年月をかけ、沢山の練習をする中で覚えていく性格のもの。
それをそう簡単に練習量の少ない私達アマチュアが
体得できるようなものではありませんし、それは仕方の無いこと。

しかしプロは、プロになる過程で自然とこのポイントを習得している訳ですね、
自分でもわからないうちに自然と身に付いている・・・いわばゴルフの天才なのです。

私たちがその動きを体得するには、
まずその振り方を自分自身で体験することが一番の早道であり大切なことなのです。
「SWING MAGIC(スイングマジック)ゴルフ練習クラブ」
という練習器具があるのです。

これを使って毎日練習すると驚くほどフォームがよくなります。
練習場にいったらまずこれで素振り、そして打ってみる。
テイクバックのときに右手と左手が離れることによって、
スムーズな肩回転とインサイドからの正しいダウンスイングを
短期間に身に付けることがでますよ。
スライス回転を抑えて、力強い飛距離のあるボールを打てるようになってきます。

スイングマジックを楽天で探してみる>>