ゴルフができることに感謝

ゴルフコースに着いてコースに出る瞬間の、
あのワクワクした気持ちはなんとも言えませんよね?

今日もこれから楽しいゴルフができるという喜びに満ちた瞬間です。
しかし、その幸せな瞬間を迎えられた事に
たまには感謝すべきです。そう思いませんか?

考えてみるとゴルフをプレーできる事は凄く幸運なこと。
まず、自分自身が健康でなければなりません。
なので当然ですが、自身の健康に感謝です。
また、身近な人が健康であることも重要です。
もし家族の誰かが入院するような事があれば
ゴルフどころではありませんよね。

そして仕事の状況もです。
資金繰りに飛び回っているような状態ではゴルフは楽しめません。
経済的にも安くないゴルフ料金を支払える経済的な余裕にも
やっぱり感謝するべきです。

またゴルフは一人ではコースに出れません。
誘い誘われる仲間がいることは最高の幸せなのです。
そして忘れがちですがプレーには絶対に必要な
ゴルフコースを創立してくれた方々、
運営管理をしてくれるスタッフの方々、
それを支えてくれている会員の方々など
感謝すべき人々は沢山いますよね。

そして最後にかくも面白いゴルフというゲームを創造し、
営々と継承し、数々のドラマを綴り続けてきてくれた
ゴルフの先人たちにも大きな感謝を示したいものです。

このように考えてみると、ゴルフができるという事は
奇跡に近い幸運の積み重ねだと言えます。
また、それを支えてくれている人々が数多くいる事は感謝しても、
しきれないことなのです。
ゴルフのスコアに一喜一憂するプレーよりも
ゴルフをできる喜びを感じながら様々なことに感謝し、
とことんゴルフを楽しむ。
実はそれが良いゴルファーになる第一歩なのかもしれませんね。