マナー「ヤーデージの確認」

自分で残り距離を目測する時に大切なのが
ヤーデージを知ることです。

前にも触れたようにヤーデージの表示は、
グリーンセンターだったり、グリーン手前のエッジまでの距離だったりと
コースによってまちまちなのです。

必ずキャディさんに聞いて、
どちらの方式かを確認しておきましょう。

これは基本中の基本です。
忘れないようにしてくださいね。

あと、フェアウェイに出て残り距離の目測に
参考になるのがヤード抗です。
正確ではないコースが意外と多いので、
杭はあくまでも参考程度にした方が良さそうだと思います。

最近ではフェアウェイの中のスブリンクラーヘッドに
細かい正確な距離表示をするコースが少しづつ増えてきました。
これは役にたちます。いい傾向ですね。

実際に残り距離を目測しようと思うとけっこう難しいものです。
やはり慣れが必要になってきます。

もちろんゴルフは単に残り距離が判っただけでは
クラブの選択はできません。
地形や風、その日のピンの位置などの要素を
総合して考えなくてはなりません。

難しいようですがこの推測を楽しむこともゴルフです。
ショットと読みですね。

キャディさんはコースを大体把握しているので聞いてしまえば、
残り距離を教えてくれます。
コース状況から判断して最適なクラブも選んでくれます。

しかし、それではいつまでたっても身につきません。
キャディーさんに聞くにしても、
まずは自分で目測した距離や地形や風の状況を考えて、
キャディさんに確認してみましょう!
きっと良い勉強になります。

ゴルフはあくまでも自己責任のスポーツです。
当然ながら最後の決断は自分でするものですよ!!




ゴルフマナー「クラブ選びを早くする」
ゴルフマナー「移動・歩行はテキパキと!」